福井  福ふくガイド http://www.fuku2.co.jp/  福井
敦賀市散策 旅館・民宿・観光ガイド

敦賀観光案内所    TEL 0770-21-8686

敦賀観光協会(社) TEL 0770-22-8167

素足で歩きたい、越前若狭の港町、敦賀の旅館、民宿ガイド。

 

 陸海ともに古くから交通の要所であった敦賀市。現在も敦賀港には多くの船舶が行き来し、港町ならではのロマンチックな風情が楽しめます。また敦賀半島の山々の緑と真っ青な海が見事なコントラストを描く敦賀湾には、渡し船で行く海水浴場、水島をはじめ、気比の松原海水浴場、手の浦海水浴場など、人気の海水浴場がたくさんあります。年間を通じて美味しいお魚料理が味わえ、冬は敦賀ふぐやかに料理も楽しめます。
水島
敦賀半島の先端に浮かぶ小さな島。海水の透明度が高く、上陸してるだけでも幸せな気分。海水浴シーズンは色浜と浦底から水島行きの渡し船が運航していて、多くの海水浴客で賑わいます。

水島海水浴場の様子

金ヶ崎緑地とレンガ倉庫

敦賀花火ととうろう流しの様子

敦賀祭り 山車巡行の様子

敦賀の釣り船 ⇒ 釣船甚五郎丸 敦賀で筏釣り ⇒ 釣筏やまもと

水島行き浦底乗船場近く、さざえヶ岳登山のお宿 ⇒ 浦底観光協会

料理旅館やまもと (敦賀半島 手の浦)

敦賀の新鮮な魚介と筏釣りも楽しめる敦賀湾の宿。水島行き乗船場まで車で2分、水晶浜まで車で10分。冬は敦賀ふぐが堪能出来ます。

味一旅館 (敦賀半島 浦底)

敦賀の新鮮な魚介と朝焼けに浮かぶ水島の眺め。水島行き浦底乗船場は、宿の目の前です。さざえヶ岳登山のお客様にも人気の宿です。

旅館 なかい (敦賀半島 色浜)

敦賀の新鮮な魚介と朝焼けに浮かぶ水島の眺め。当館目の前より水島行きの渡し船が出ます。冬は敦賀ふぐが堪能出来ます。

金崎宮の花換まつり

花換まつりは、金崎宮へ桜見物に訪れた男女が「花換えましょう」と声をかけあい、桜の小枝を交換することで思いを伝えたといわれる、ロマンチックなお祭りです。「花換え」をしたカップルは将来幸せに恵まれるといわれています。

金ヶ崎緑地

港の雰囲気が楽しめる芝生の公園です。ボードウォークで潮風に当たりながらロマンチックな敦賀の気分を味わって下さい。周辺には旧敦賀港駅舎や赤煉瓦倉庫、きらめきみなと館があります。また緑地の一角に建つ「人道の港 敦賀ムゼウム」では、1920年にシベリアで救出されたポーランド孤児、1940年にはナチスドイツの手から逃れたユダヤ人難民が、リトアニア・カウナスの領事代理、杉原千畝が発給した“命のビザ”によって、敦賀港に上陸した当時の資料を展示しています。ユダヤ人難民のコーナーでは、杉原千畝の生の声や難民が残していった時計、目撃した市民の貴重な証言、特に今回新たに見つかった“命のビザ(複製)”も展示しています。

気比の松原

水の澄んだ敦賀湾に白砂青松が美しく映える敦賀のシンボルである気比の松原は、三保の松原・虹の松原とともに日本三大松原の一つで、夏は海水浴のお客さんたちで賑わいます。

手の浦海水浴場

気比の松原と敦賀半島先端の立石岬のちょうど中間に位置する白砂とエメラルドグリーンの海が美しい海水浴場。沖合いには敦賀ふぐの養殖筏が並び、イカダ釣りやカセ釣りの釣り人にも人気があるエリアです。

旧北陸トンネル廃線跡

北陸トンネルが完成する昭和38年まで、北陸本線(明治29年に開通)の敦賀から今庄間は、敦賀〜葉原〜杉津〜山中〜大桐を経て、今庄へ通じるルートに線路が敷かれていました。トンネルの完成後、そのルートは廃線になり、当時、列車が通過したトンネル(葉原トンネルや山中トンネルなど)も含め、現在、県道207号線として利用されています。

中池見湿地

2012年にラムサール条約湿地に登録された中池見湿地は、市街地のほど近く、周りを山に囲まれた25ヘクタールほどの小さな湿地です。たくさんの生き物の気配であふれ、田んぼをのぞくとタニシやメダカが、畦道や草原の中を流れる水路の小道を歩くとバッタやカエルが跳び出てきます。季節ごとに変化する美しさと豊かな自然が楽しめます。敷地内にある古民家の隣には天筒山(てづつやま)展望広場への登山口があり、約20分で展望広場まで行けます。

天筒山(てづつ山)と天筒展望広場

天筒山の山頂展望台からは西側に敦賀市街地、敦賀湾、敦賀半島、気比の松原、敦賀市の最高峰である野坂岳(標高913m)、東側には平成24年7月3日にラムサール条約に登録された中池見湿地(約25ha)や、北陸自動車道の敦賀トンネルなどをパノラマ感覚で眺めることができます。展望広場へは天筒入口から向かうコース(頂上まで舗装されてるコース)、中池見湿地内の古民家の建物横から向かうコース(傾斜も緩やかで歩きやすい自然歩道)、金崎宮社務所横から上がるコース(距離は短いですが急な階段が続きます)、金ヶ崎宮の奥にある月見御殿を経由して向かうコース(山の尾根を歩くコースでアップダウンがきつく疲れるコースです)があります。天筒入口からのコースは、市民のハイキングコースとして一般的なコースですが、中池見湿地からのコースも、緑に覆われた自然歩道で、途中、休憩場やトイレもあり、歩きやすく整備されています。中池見湿地からのコース途中には、戦国時代に金ヶ崎城の枝城であった天筒山城(てづつやまじょう)の跡地であったことを示す説明プレートや、弥生時代の見張り台をもった村、奈良時代のお堂、平安時代末期の経塚などの遺跡が見つかった舞崎遺跡の説明プレートなどが設置されていて、この山が長い歴史と共にあったことを思い出させてくれます。

池河内湿原

周囲を低山群に囲まれた、南北約500m、東西約150m、面積約4haの範囲に広がる湿原です。周辺からの湧水や周囲から流れ込む水によって潤されています湿原内には木道が施設されていて、動植物の保護管理、観察が出来るようになっています。

黒河川

黒河川と書いて「くろこがわ」と読みます。上流には川遊びやキャンプが出来る静かなせせらぎがあり、夏には地元の家族連れなどが自然を身近に楽しめる場所として利用しています。

疋田舟川

江戸時代後期に、日本海を経由して運ばれた莫大な物資を敦賀港から京都へ送るために設けられた運河の面影が残る町、疋田は鉄道ファンにも人気があるエリアです。

新疋田駅

全国の鉄道ファンが注目を集める新疋田駅。敦賀市の中心部から約5km、国道161号線沿いにあるJR新疋田駅は、美しい山々に囲まれ、緩やかなカーブを描いた長いホームが印象的な美しい駅です。周辺には鳩原ループ線をはじめ、新疋田駅〜敦賀駅間にはいくつかの鉄道写真撮影の名所があり、カメラを構えるファンの姿もよく見られます。駅舎内には、鉄道ファンによって撮影されたと思われる多数の写真や思い出ノートなどが設置されていて、鉄度マニアならずとも旅情気分を味わえます。

 TOPへ戻る

 福ふくガイド管理人室

 福井県マップ

このページへのご質問等は管理人室の掲示板へどうぞ♪
Copyright (C)2002 fuku2.co.jp All rights reserved.