福井  福ふくガイド http://www.fuku2.co.jp/  福井
旧北陸本線トンネル廃線跡

敦賀観光協会(社) TEL 0770-22-8167

今庄町商工観光課 TEL 0778-45-1111

北陸トンネルが開通するまで利用された旧北陸本線廃線跡の隧道

 

 北陸トンネルが完成する昭和38年まで、北陸本線(明治29年に開通)の敦賀から今庄間は、敦賀〜葉原〜杉津〜山中〜大桐を経て、今庄へ通じるルートに線路が敷かれていました。トンネルの完成後、そのルートは廃線になり、当時、列車が通過したトンネル(葉原トンネルや山中トンネルなど)も含め、現在、県道207号線として利用されています。

 途中に幾つかある狭くて長いトンネルは、5分待ち、3分待ちの信号を使った交互の通行です。昔この場所を、蒸気機関車が走っていたと思うだけで、何か哀愁を感じてしまいます。

旧北陸本線トンネル跡  国道476号線の情報

古代からの道 追分〜上新道

 南今庄から杉津(すいづ)に向かって走る現在の県道207号線の途中にある集落、追分、大桐、山中は、奈良時代には都から越の国に入る旅人が必ず通った道にあります。松原(敦賀)から陸路や海路で、五幡や杉津を通り、山中峠を越え、この地を通り南今庄付近に至っていました。平安時代の天長七年(830年)、木の芽峠越えの道が切り開かれ、その後、この道が主道になったかとこら新道という地名が出来ました。現在の道路は、明治29年から昭和38年まで使用されていた北陸本線の線路跡(北陸トンネルの開通で廃線)を県道として整備されたもので、古代からの北陸道は、この沿線を通っていました。

山中信号場 退避線跡地

 当時の北陸線であった敦賀〜今庄間(杉津線)は海抜8mの敦賀駅から南条山地の山中峠の下をくぐり、海抜265mの山中信号まで前後14kmにわたって、1000分の25の急勾配で大桐駅まで一気に駆け下りるという現在の鉄道技術では考えられない過酷な線路でした。また列車の停車や通過列車の退避は、急勾配の線路上では不可能で、水平な折り返し線や退避線を使わないと停車や発車は出来ませんでした。このため、敦賀〜今庄間には、敦賀市の新保、葉原ならびに、旧今庄町の山中に列車の折り返し線と退避線を併せもった施設としてスイッチバックが設けられました。現在、生活道路として利用されている北陸線跡(県道207号線)の山中信号場跡地には、そのスイッチバックが設けられていた場所を示す案内看板が設置されています。

大桐駅跡(旧国鉄北陸本線 杉津線)

 明治41年3月1日、北陸線の難所を言われた、山中トンネルを頂点として大桐信号場が開設されました。その後地元の要望に応え、同年6月1日に大桐駅として停車場に昇格し、旅客、貨物の営業を開始しました。当時、旅客7本、貨物6本、合計13往復の列車が運行されました。昭和37年6月9日、北陸本線複線電化の近代化により、北陸本線の新線開業と共には廃止となります。その間、54年の永きに渡り、生活物資の輸送等の役割を果たしました。現在は、207号線の道路脇に残されたホームの跡が、当時の面影を残しています。この大桐駅跡から山中信号場まで、真っ直ぐ勾配を上りながら次第に大きなカーブを描く築堤が続く廃線跡の道路は、当時の列車に乗っているかのような哀愁にとらわれます。

旧北陸トンネル

旧北陸トンネル

旧北陸トンネル

D51蒸気機関車

旧新保駅

旧杉津駅

杉津駅跡(北陸自動車道上り杉津パーキング)

 当時の北陸線の杉津駅の跡地は、現在、北陸自動車道上り線の杉津パーキングになっています。県道207号線は、このパーキングの裏手を通過しますが、この地点より国道8号線へ下っていく道路もあります。現在はパーキングへの人や物資の輸送の為に使われていますが、昔は、杉津駅から杉津海水浴場への通り道としても利用されていました。かなり勾配がある道路ですが、昔は海水浴へ行くのにも凄く体力がいったのだろうと思います。

杉津パーキング

杉津パーキング

杉津パーキング

杉津パーキング

杉津パーキング

杉津パーキング

 TOPへ戻る

 福ふくガイド管理人室

 福井県マップ

このページへのご質問等は管理人室の掲示板へどうぞ♪
Copyright (C)2002 fuku2.co.jp All rights reserved.